ナターリアにとってのダンス

 彼女にとってのダンスとはどういうものか、編集部では過去の調査などを通して得られた情報から、これについて紐解いていこうと思う。

 まず、大前提として、ナターリアはまだまだ日本語がよく理解っていないという点だ。

 そのため、ナターリアは自分の感情を言葉で伝えきることができない。そんな彼女が感情を伝える方法こそダンスなのだ。ナターリアは様々な感情をダンスによって表現できるという。

 言葉の壁を超えることができる彼女のダンス。その才能を見出され、海外からも仕事のオファーが舞い込んできている。下で紹介するのは、[千夜一夜舞姫]ナターリアの特訓エピソードの一コマだ。このエピソードでの舞台は南国リゾートであり、当然日本語やポルトガル語はほとんど通じなかったと見ていいだろう。ナターリアにとってダンスとは、言葉を超えたコミュニケーションツールなのだ。